セックスは楽しくやる


誰しも、セックスには初めてがあり慣れるまでは誰しもがビギナーになるわけですが。セックスの経験というのはやはり、或る程度は自分で経験しなくてはなかなか覚えない物。
勿論、初心者同士でお互いに覚えあいながら試しあうような形で経験を積んでいくのもいいのですが。
より、上達の早い手段ともなるとどちらかと言うと上手い人にリードしてもらいながら実際に導いて貰う形で教えてもらうという方が効率的なのです。
私もそうなのですが、割とシチュエーション的にもセックステクニックを年上のエロい女性に仕込んでもらうのって結構興奮するんですよね。
そういう、年上の女性で男性に教え込むのが好きだという感じの女性も決して少なくはありませんからね。
相手にとっても、自分にとってもプレイのシチュエーション的に興奮する物にもなりえるのです。
結局のところ、セックスのテクニックを体で覚えるにはまず前提としてお互いが楽しく興奮してセックスをすることができるということがあるのが大事ですから。
そういう風に、レクチャーとして効率がいいのもまた重要なことではあるのですが。
それ以前に、二人でシチュエーションとしてレクチャーそのものを楽しむということが大事なのです。

基本中の基本


セックステクニックとは非常に奥の深い物で、色んなアプローチ手段があってそれらを上手く駆使することができれば。
より、上手にセックスに持ち込む事も出来ますし同じセックスの中であってもより相手を気持ちよくさせる事も出来るという事なのです。さて、そういうセックステクニックなどの中から特にメインの物となるのはやはり手を使った物でしょうね。
愛撫におけるセックステクニックは、直接快感に直結するような関係性があるので身につけておくと全然セックスの盛り上がり方が違います。
まず、手を使った愛撫の中で実はそう言ったテクニックの中でも特に上手下手が出やすいですからね。
特にこの手を使った愛撫におけるテクニックの中でも、撫でるという風な動きは非常にテクニック差が激しくなりますね。
撫でるような愛撫は、何とただ触るだけではなく力の入れ加減や手のひらと指の細やかな動きの違いなど。
気持ちよくするためには、結構神経を使って動かさないといけないのでテクニックは勿論のことなのですが意識的な集中も必要なんですよね。
とはいえ、それにばかり気を取られては他が疎かになってしまいますのでそこだけは気をつけて気を取られすぎないようにする必要はあります。